2020年02月20日

東急プラザ渋谷に出店中です(2/18〜3/16)

2月18日(火)より、東急プラザ渋谷で開催中の「イチイチイチのうつわ市〜春」に出展しています。

【場所】東急プラザ渋谷3階 ポップアップスペース「111」
【日時】2020年2月18日(火)〜3月16日(月) ※最終日は18時クローズ

ltHi5G6yTOmbVQ7YE2I6Yw_thumb_2562.jpg

この催事のために、まるかくの作家さんたちがたくさんの作品を焼いてくださいました。
現在出品中の作品をいくつかご紹介しましょう。

まずは、澤克典さん。澤さんならではの個性的な作品が届いています。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_252f.jpg
なんとなく、話しかけられているような気分になる急須。


iYipKmFURlOUzSP58DImEw_thumb_2531.jpg
こちら、ひっくり返すとまた別の姿が・・。気になる方は、ぜひ実物を見にいらしてください!


大人気の田中信彦さん作品はほとんどが一点ものです。個展以外ではなかなかお目にかかれない作品も。
6gIapavIR3CQctLU4NMqNA_thumb_2506.jpg


4hLwb+yLQ3KCR%TuFM35LQ_thumb_2507.jpg
写真では風合いをお伝えできなくて残念。この蚊帳目皿、本当にすてきです!


高田志保さんは、マグカップ、鉢など使いやすいラインナップ。
たくさん入荷していますので、まとめ買いのチャンスです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2501.jpg


今回の催事の撮影にも使われた黒木泰等さんの酒器。この機会にたくさんの方に手に取っていただけたらと思います。人気ですのでお早めにどうぞ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2503.jpg


なんとも使い勝手のよさそうなマグカップや鉢は、今年の夏にまるかくでの個展を行う小林徹也さんの作品です。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_250e.jpg


こちらは平野日奈子さんの作品。やさしい表情のマグカップなど、毎日使いたい器ばかり。
7phJ3Do0SWm%N+0gvhTjnA_thumb_2548.jpg


おなじみコウホ窯さんからは、久しぶりに呉須一色の安南手が入荷。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2516.jpg


貫録を感じつつも、どこか心和ませてくれる織部は、小割哲也さん。
%B7ogeHCSXmZDWvqmrDl+g_thumb_251a.jpg


いぶし銀的風合いのプラチナ釉急須、そしてきりりと美しい猩々緋。山田晶さんの作品。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2534.jpg


田中俊介さんの真鍮と銅のアイテムも揃っています。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2551.jpg


小石原焼の鬼丸豊喜さんからは、ふだん使いにぴったりのカップやソーサーが届いています。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2524.jpg


岩見晋介さんのスリップウェア。まるかくの催事初登場です。

IMG_5808.JPG


種田真紀さんの精緻な赤絵細描も手に取ってご覧いただけます。
QTQ0JbPQQQGldC1DI7kJIg_thumb_2556.jpg


もちろん骨董もたくさん揃えました!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2554.jpg

Sn9s9RGZQwCQlQrnN5gmBg_thumb_2559.jpg


なお、こちらに紹介した商品は2月19日時点のものです。売り切れてしまう場合もございますので、ご了承くださいませ。

「東急プラザ渋谷」は、各階とてもゆったりとした作りで、お買い物しやすいショッピングモールです。おいしいお店もたくさん入っているので、スタッフも毎日の出勤がちょっと楽しみ。渋谷駅の井の頭線改札口から徒歩1分と、とても便利な場所にありますので、お仕事帰りや乗り換えの際にぜひお立ち寄りください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_251f.jpg


posted by marukaku at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | 催事 イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

土本訓寛・久美子×蝶野秀紀展、2/11が最終日です

好評の「土本訓寛・久美子×蝶野秀紀」展、あっという間に終盤です。

初日にお嫁に行った作品も多いのですが、まだまだ魅力的な作品が揃っています。いくつかご紹介しましょう。


K5NKuVePRaiucp0K4j8Q4w_thumb_247d.jpg

ころんとかわいらしいフォルムの汁椀。熱湯もOKなので、フリーズドライのおすましなどにも使えます。電子レンジと食器乾燥機はNGですが、それ以外は陶磁器と同じ扱いで大丈夫。長時間水に浸しても、油ものを盛っても全く問題ありません。蝶野さんいわく「毎日使うことがお手入れ」だそうです!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_249c.jpg
蝶野さんの漆と土本さんの象嵌や魚々子文の相性のよさといったら! 板皿は、もちろんそのままお料理をのせても。


l3eHAWaqSLSW4orDPn+D8A_thumb_2487.jpg
蓋付きの栃筋目椀。轆轤引きで非常に細かくランダムな筋目を残すのだそうです。


p7Q5ggqXR3yXV7PMr%zJuA_thumb_2462.jpg

土本訓寛・久美子さんの飯碗。


家で蓋付きの器を使うことは多くないかもしれませんが、ちょっとがんばってお料理するときなどにはおすすめ。大人のひな祭りなどいかがでしょう。和食はもちろんですが、アジアンハーブたっぷりのエスニックごはん、というのもよいかも。食卓で蓋を開けた瞬間、「わあ!」という笑顔があふれるはず。汁椀はポタージュにも似合いそうです。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_247f.jpg

土本さんの三島手茶器、持ち手が丸くなって可愛さ倍増。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2489.jpg
お客様から「かわいい!」と声が上がる、コンポートドーム。木材はミズメ、大・中・小と揃っています。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_24a3.jpg
複数枚揃えておくと、何にでも使えそうな筋目の小皿。


MFj67RY4R+6TJmJxowrfkg_thumb_24a5.jpg
まだ枚数が揃っています。


nr9KeNhzSayU63wgHX9Exw_thumb_248a.jpg
蝶野さんのコンポート皿の上に、土本さんの魚々子文の湯のみ。この小さな湯呑みは、お客様にお料理を出す前一口のお茶や食前酒、あるいは料理店のようにおだしを一口、などという使い方もできそうです。

34KHise4SPeLVx3PYxB6gQ_thumb_2490.jpg
何も言うことなし!の、美しい仕上がり。まだ店頭に残っているのが不思議なほどです。お早めにどうぞ。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_248f.jpg
土本さんにいただいた福井の抹茶菓子を魚々子文の小皿に。栃灰緑のトレーとの相性もよし。


駆け足でのご紹介となりましたが、明日もよい天気、気温も若干上がりそうです。ぜひお立ち寄りください。

最終日の2月11日(火)は、17時閉店となります。


なお、ブログやInstagramで紹介した個展作品は、明日2月10日17時までにお電話をいただければ、作品を郵送でお送りすることも可能です。





posted by marukaku at 14:48| 東京 ☀| Comment(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

土本訓寛・久美子×蝶野秀紀展が始まりました(2/1スタート)

待望の土本訓寛さんと久美子さん、そしてまるかく初登場の蝶野秀紀さんの作品展がスタートしました。昨日と今日は作家さんの在廊日。お天気にもめぐまれ、とてもにぎやかなまるかくです。

土本さんと蝶野さんの作品はお互いを引き立てあうような相性のよさ。まずはざっくりと店内の様子をご紹介しましょう。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_245e.jpg




IMG_5549.jpg


YsdVxxSWR82ZdcKn2bippw_thumb_23ad.jpg


土本訓寛・久美子 × 蝶野秀紀 展
2020年2月1日(土)〜2/11(火) ※水曜定休
※作家在廊日 2月1日、2日
※最終日2/11は17時閉店となります。
posted by marukaku at 15:03| 東京 ☀| Comment(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

2020年展覧会予定

2020年の作品展・催事情報をお知らせします。

【作品展】
2月1日〜11日  土本訓寛・久美子×蝶野秀紀 作品展  
5月14日〜24日  斗澤誠×三浦侑子 二人展
7月       小林徹也 個展
10月       黒木泰等 個展

【催事】
2020/2/18〜3/16
東急プラザ渋谷3階
イベントスペース111

※日時の変更、在廊などの最新情報は、Instagramでお知らせいたします。
posted by marukaku at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | 2020年作品展&催事予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

土本訓寛・久美子×蝶野秀紀 展覧会のお知らせ

松の内を過ぎても穏やかな天気が続き、気持ち華やぐ新春です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、器まるかくでは、2020年は5回の個展を企画しています。トップバッターは、3年ぶりとなる土本訓寛さん&久美子さんと、初登場の蝶野秀紀さんです。

土本訓寛・久美子 × 蝶野秀紀 展
2020年2月1日(土)〜2/11(火)
※作家在廊日 2月1日、2日


domoto_chonoDM.jpg

土本訓寛 Domoto Michihiro
1979年福井県高浜町生まれ。木工芸を家業にする家で育つ。岡山県吉備高原学園高等学校陶芸コースで2年間備前焼を学ぶ。1998年、福井県工業技術センター窯業指導所でロクロ研修を修了。2001年より越前町にて薪窯を使った制作を始める。主に焼き締め、三島手の器を制作。

土本久美子  Domoto Kumiko
1976年広島県生まれ。幼少より絵を描くことを好む。宝塚造形大学でビジュアルデザインを学ぶ。2000年、福井県工業技術センター窯業指導所修了。2004年より越前町にて薪窯での焼き物作りを始める。主に象嵌の技法による器を制作。

まるかくでは不同の人気の土本訓寛・久美子さん。今年の展覧会ではどんな作品が登場するでしょうか。今から楽しみでなりません。

※2017年個展時のインタビュー記事はこちらです。

「仕事場を訪ねて」


蝶野秀紀  Chono Hideki

1971年京都生まれ。2001年、石川県挽物轆轤技術研究所入学。2005年に同研究所を卒業、石川県山中に「工房 息吹木」設立。2007年以降、各地で個展やグループ展を行っている。2009年4月より広島に工房を移し活動中。

※蝶野秀紀さんは、木と漆のうつわ作家さん。素材の選定から型づくり、漆塗りまですべてご自身で手がけています。広葉樹の木目や和紙の素材感を活かしたうつわは、従来の漆器とはまた異なる魅力に満ちあふれています。

お三方とも、2月1日、2日に在廊予定。ぜひお立ち寄りください。


posted by marukaku at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする