2017年07月18日

高田志保さんの新作

15日よりスタートした、黒木泰等さん、高田志保さんの二人展。
今日は高田さんの新作を中心にご紹介しましょう。

ずんだ餅.jpg

高田さんの黒釉、釉薬の一部が窯の中で変化したものがあり、これがとても艶やかな表情。使う前に濡らすと、乾ききらない部分がまた風情あっていい感じです。

IMG_5022.jpg


IMG_5227.jpg

一回り小さい豆皿も使い勝手よし。薬味や塩をちょんとのせて。

IMG_5216.jpg

窯変が本当に美しい黒釉の飯碗。

IMG_5131.jpg


小皿や小鉢、ピッチャーなど、小さくてかわいいものもたくさん届いています。

IMG_5183.jpg


IMG_5137.jpg

中でも人気なのは、こちら。お庭の秋明菊とヤマボウシの葉をかたどったものだそう。

IMG_5033.jpg

定番の炭入り、汲み出しの形がなんともほっこり。

IMG_5153.jpg

急須は、珍しく黒木さんのもの(右)も届いています。こうして並べてみると、やはりご夫婦の作品。似ているようで異なる個性。見ているだけで気持ちが和んできます。


黒木泰等+高田志保 二人展
2017/7/15(土)〜8/13(日)
posted by marukaku at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

黒木泰等+高田志保展が始まりました

1年ぶりの黒木泰等さんと高田志保さんの個展が始まりました。
相変わらず穏やかな雰囲気を醸し出してくれるおふたり、作品にもそのお人柄が現れているようです。繊細さと温かみが同居した作品の数々、まずは黒木さんの新作からご紹介しましょう。

IMG_5148.jpg

筒湯呑と名前がついていますが、最初の一杯のビールにも、ぐいのみにも使えそうな器。マットな白釉と柔らかいフォルム、夏にぴったりです。それにしても、この色っぽささえ感じる造形美。黒木さんならではの作品です。

IMG_5176.jpg

IMG_5173.jpg

おつまみやおやつは、小皿や小鉢にちょこちょこと。小さな織部、全部揃えたくなってしまいます。

IMG_5212.jpg

織部シリーズ、今回はたくさんの新作が入荷。こちらの美しい平鉢、冷たいパスタなども似合うに違いありません。

IMG_5090.jpg

こんなまるっこいフォルムのピッチャーも登場。ミルクだけでなく、醤油やポン酢をテーブルに出すときにも重宝します。

IMG_5169.jpg

灰釉や粉引もかわいらしい作品がたくさん!

今回の個展で感じるのは、美しくも実用的な器が多いということ。見ていると、自然に食べたいもの、作りたいものが心に浮かんでくる、まさにテーブルの即戦力になりそうな器ばかりなのです。ブログを書いていてもおなかが空いてきてしまうほど(笑)

本当にたくさんの素敵な作品が届いていますので、ぜひぜひ手に取ってご覧いただけたらと思います。定休日の水曜をのぞき、毎日11時~19時まで営業しています。

posted by marukaku at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

黒木泰等 高田志保 二人展(7/15〜)

7月の個展のお知らせです。

黒木泰等+高田志保 二人展
2017/7/15(土)〜8/13(日)
※作家在廊予定日 7月15日(土)

kuroki_takada.jpg

黒木泰等(くろき・たいら)
1981年 京都府亀岡市生まれ
1999年 京都市立銅駝美術工芸高等学校・彫刻科卒業
2001年 奈良芸術短期大学・立体環境造形コース卒業
2002年 京都府立陶工高等技術専門校・成形科修了
2003年 同校研究科修了、原口卓士氏に師事
2006年 亀岡にて独立

高田志保(たかだ・しほ)
1977年 奈良県吉野生まれ
2001年 京都教育大学教育学部 特修美術卒業
2002年 京都府立陶工高等技術専門学校 成形科修了
2003年 同校研究科修了、京都伏見にて冨部伸造氏に師事
2008年 亀岡にて独立

posted by marukaku at 13:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする