2017年07月16日

黒木泰等+高田志保展が始まりました

1年ぶりの黒木泰等さんと高田志保さんの個展が始まりました。
相変わらず穏やかな雰囲気を醸し出してくれるおふたり、作品にもそのお人柄が現れているようです。繊細さと温かみが同居した作品の数々、まずは黒木さんの新作からご紹介しましょう。

IMG_5148.jpg

筒湯呑と名前がついていますが、最初の一杯のビールにも、ぐいのみにも使えそうな器。マットな白釉と柔らかいフォルム、夏にぴったりです。それにしても、この色っぽささえ感じる造形美。黒木さんならではの作品です。

IMG_5176.jpg

IMG_5173.jpg

おつまみやおやつは、小皿や小鉢にちょこちょこと。小さな織部、全部揃えたくなってしまいます。

IMG_5212.jpg

織部シリーズ、今回はたくさんの新作が入荷。こちらの美しい平鉢、冷たいパスタなども似合うに違いありません。

IMG_5090.jpg

こんなまるっこいフォルムのピッチャーも登場。ミルクだけでなく、醤油やポン酢をテーブルに出すときにも重宝します。

IMG_5169.jpg

灰釉や粉引もかわいらしい作品がたくさん!

今回の個展で感じるのは、美しくも実用的な器が多いということ。見ていると、自然に食べたいもの、作りたいものが心に浮かんでくる、まさにテーブルの即戦力になりそうな器ばかりなのです。ブログを書いていてもおなかが空いてきてしまうほど(笑)

本当にたくさんの素敵な作品が届いていますので、ぜひぜひ手に取ってご覧いただけたらと思います。定休日の水曜をのぞき、毎日11時~19時まで営業しています。

posted by marukaku at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする