2017年11月10日

土ものの器と山野草

栗、柿、きのこ・・。実りの秋は食卓がにぎやかになりますね。
秋のもうひとつの楽しみは、通勤の道すがらや休日のお散歩で見つける身近な山野草です。器を鉢に見立てて寄せ植えにすると、お部屋もぐっと秋らしくなります。

IMGP3673S.JPG

紅葉したヒメツルソバを大谷桃子さんの蓋物に植えてみました。街中でよく見かける草花も、器との組み合わせ次第で華やかに。



IMGP3583S.JPG

大胡琴美さんのブロンズ釉の器に、キンミズヒキとヤクシマススキ、ノコンギクを合わせて。



IMGP3606s.JPG

小割哲也さんの織部の酒器にノコンギクを。秋の花籠のようです。


IMGP3695.JPG

夕日に輝く河原のエノコログサに魅せられて、アワコガネギクとササリンドウとともに寄せ植えにしました。黒木泰等さんの織部そり鉢が、山野草を上品にまとめてくれます。

なんということのない身近な植物を、お気に入りの器でひと工夫。自然を切り取ってきたかのような景色を生み出す楽しみ、そして、植物と器の組み合わせを迷うのも楽しみのひとつです。

まるかくには、山野草好きのスタッフがおります。よろしければお声をかけてください。

posted by marukaku at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | 花 × まるかく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする