2021年02月10日

廣川温×馬野真吾二人展 中盤です

廣川温×馬野真吾展、6日目となりました。今日は馬野さんの作品をご紹介しましょう。

昨年、益子から徳島県の阿波に移った馬野さん、南国の気候の中でのびのびと作陶されています。ナラ、ヒノキ、カシなどの木、ワラ、そして薪ストーブの灰などから作られた釉薬は驚くほど多種類。「今度はこれでやってみよう!」とわくわくしながら作陶されている様子が目に浮かぶようです。

ED05CC46-2FD5-4AF9-A69D-95A28CE9DFBE_1_105_c.jpeg
温かなフォルムのボウル。馬野さんご自身はなんと「ぜんざいをたっぷり食べたくて」作った器だそうですが、こんなアジア麺にもぴったり。小どんぶりやサラダもいけそうです。写真は黄灰釉、他にわら灰透明釉もあります。

8E86DC34-1E00-43A3-B3F1-242474839D9F_1_105_c.jpeg


3C9F9CB1-D623-41AF-A296-1D3CBA582E22_1_201_a.jpeg
こちらはほどよい大きさのとんすい。小さな持ち手がアクセント、熱々の鍋物にぴったりです。あるいはサラダを盛りつけても、スープでも・・と考えると、いくつも揃えたくなってしまいます。こちらの粉引と、なら灰釉のとんすいはオンラインショップにも掲載しています。

5AFFB771-8F22-44DD-9DB2-77FA1B1A7064_1_201_a.jpeg
磁器泥黄灰釉の輪花皿。いわゆる「白化粧」は白土を使いますが、馬野さんはあえて磁器の土を化粧土に。その上から黄灰釉をかけたのがこちらです。輪花皿はこのほかに、白化粧なしの黄灰釉となら灰釉があります。
桜餅ひとつでも、ただのぶりの塩焼きでも、なんでもやさしく受け止めてくれる懐の深さ。盛り映えがするというのはこういうことを言うのだろうなと思います。
3CEE5CE5-6731-42C6-BB6B-287CEB1686A6_1_105_c.jpeg


187D036C-6570-4D93-BBFE-F42E52FD19D9_1_105_c.jpeg
そば猪口としてはもちろん、お茶やコーヒーのカップとしても重宝しそうな大きさ。馬野さんのうつわは一見武骨ですが、作りはとても繊細です。底の処理もとてもきれいで、これだけ荒い土を使っているのにふきんがほとんどひっかかりません。そういう器は確実に出番が多くなります。

C8F1A8D6-9B5B-42BD-ADE9-C589F06F699E_1_105_c.jpeg
馬野さんの作品、なぜか大きいのにかわいいものがたくさんあります。たとえばこちら。大ぶりの飯碗なのですが、なんともたたずまいがほほ笑ましいのです。これでもりもりごはんを食べてくれる人は、きっといい人に違いありません。


今回、花器もたくさん作ってくださいました。どっしりとした安定感もあるのに、花をいけるととても軽やかに見えます。チューリップやスイートピーなど春の花で空間がぐっと華やかに。

22BCE2AC-3725-4503-8B52-16FE5DB1F00A_1_105_c.jpeg

22678229-52CF-45F9-862F-058EC88EEDA8_1_105_c.jpeg

900D9D58-C828-4A76-B7F0-8A944FCACD65_1_105_c.jpeg

この状況下、なかなか出かけられない方もいらっしゃると思います。オンラインショップだけでなく、ブログやインスタグラムに掲載の作品も、気になるものがありましたらお電話でお問い合わせください。


【廣川温×馬野真吾 二人展】
2/6(土)〜2/16(火)
※現在、店舗の営業時間は11時〜18時、水曜定休です。
※オンラインショップでも一部の作品を掲載・販売しています。詳細はこちらをご覧ください。
posted by marukaku at 21:47| 東京 ☀| Comment(0) | うつわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

廣川温×馬野真吾展、始まりました

暖かな週末から一転して肌寒さが戻ってきた今週の東京です。

そんな話から入ったのは、今回の展示は肌寒い日に使いたい作品がずらりと並んでいるから。春っぽさを感じる展示ではないかもしれませんが、冬と春とがせめぎ合うこの時季にはぴったりなのではないかと思います。

D0386F10-C970-4A3A-BF82-3AE01C62D07A_1_105_c.jpeg

廣川温×馬野真吾展。2月6日(土)にスタートしました。まずは、廣川さんの耐熱の器から紹介しましょう。

380EFD4F-A2E2-4EC9-A92F-F218683CD2AE_1_105_c.jpeg

96A19F9F-7BAE-4A5C-BAA8-A05F816DC546_1_201_a.jpeg

外側の飴釉と内側のマットな釉薬が溶け合って、なんともいえない温かみ。こんな鍋があるだけで、キッチンに入りたい気持ちが倍増。とても持ちやすく、重さもほどよくて手に負担がかかりません。じっくりことことの煮込み料理だけでなく、焼き物ももちろんOKの頼もしさです。使えば使うほど味が出て、よき風合いに。使いやすさも増していく気がします。今回、逆側に注ぎ口のある鍋も作ってくださいました。左利きやキッチンの事情に合わせて選べるのはうれしい限り。

C25A70A5-BB17-43E5-A156-7F3E8FA443C4_1_105_c.jpeg

定番の耐熱皿はやはりいちばん人気。皿ごとオーブンに入れてそのままテーブルに出せるのに、この美しさ!隅まで洗いやすいところもポイントです。


廣川さんといえば耐熱の器というイメージが強いのですが、それ以外の作品もとても素敵です。
7C372884-06A1-4372-B89E-51F844EB5F89_1_201_a.jpeg
チタンマット釉のマグカップ。まるかくの古家具とはぴったりの相性ですが、きりりとしたモダンなインテリアにも映えそうです。

F7ABD1AE-0148-492F-BF8E-504B1DDB5BB8_1_105_c.jpeg
持ちやすく、ほどよい大きさ。写真では見えにくいのですが、灰釉が還元焼成で変化し、一部青みがかった色合いに。これがなんともいえない風合いを醸し出しています。

4D6A43A2-4950-4D06-96C6-8A93167A1207_1_105_c.jpeg
釉薬のにじみ具合がなんとも美しい飯碗とマグカップ。

C543BF9C-1435-4947-AB4F-7F6505B94FCE_1_105_c.jpeg
花器も作ってくださいました!こんな個性的な花器があったら、いけるお花も冒険したくなりますね。口は広いのですが、内側に一回り小さな容器を入れるとお花のおさまりがよくなります。もちろん花留めを使っても。

次は馬野真吾さんの作品を紹介します。

【廣川温×馬野真吾展】
2/6(土)〜2/16(火)
※現在、店舗の営業時間は11時〜18時、水曜定休です。
※オンラインショップでは2/9(火)19時に展示・販売をスタートします。詳細はこちらをご覧ください。






posted by marukaku at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする