2021年04月13日

土本訓寛・久美子展、開催中です(4/10〜20)

(すでに完売した作品もあります。在庫状況はお電話かメールでお問い合わせください)

4月10日にスタートした土本訓寛・久美子展。届いた作品のすばらしさにスタッフ一同大興奮。初日と2日目はおふたりが在廊してくださり、お客様とともにあれこれお話をうかがいながら、時を過ごせる幸せをかみしめています。

FB934B69-B242-44A1-A3DA-1AD12938DBDF_1_105_c.jpeg

まずは、とても珍しい手法で作られた「焼き締め象嵌」をご紹介しましょう。

D7F3C810-C0B3-4A47-81C8-558190A35EF1_1_105_c.jpeg
焼き締めでありながら細かな模様がある、まずそのことに驚きます。しかも、なんとも自然な溶け具合で、一見して象嵌とは気づかないほど。「焼き締めは窯の中の火の当たり方によって、灰の舞い方によって焼き色が変わってきます。ひとつひとつ異なるその表情を楽しんでもらうため、象嵌もごくシンプルに。よくよく見ると何か文様があるぞ?というくらいでいいと思っているんです」(訓寛さん)。

09F7E3E3-04C5-456E-9C9F-7DC5066A5B30_1_105_c.jpeg
その話に大きくうなずいてしまったのが、こちらの作品。窯の中で存分に火を浴びて育った焼き色、そこに加わる象嵌のさりげなさと楽しさ。土と火のエネルギーを肌で感じ、ずっと見つめていたくなります。

焼き締めは訓寛さん、そこに象嵌を施すのは久美子さん。おふたりはとても仲が良いのですが、夫唱婦随でも婦唱夫随でもないところがまたよいのです。「アイデアを寄せ合って作風を決めるというよりは、お互いの主張を認め合い、探りながら作っていく感じです。私はだいたい器の形からデザインを考えるのですが、どう描くかを決めるのは、じつは実際に描き始めた瞬間だったりします」(久美子さん)。お互いの個性を尊重し合い、たし算ではなくかけ算で出てくるものを楽しんでいる様子。それが作品に如実に現れているように思います。

467EB413-BDFC-47DE-88FA-48492E49746C_1_105_c.jpeg
銅鑼鉢も、なんともいえない風情です。

433740EF-4EC0-4559-BD3A-515290AC36B0_1_105_c.jpeg
なんともほっこりした形の片口。立ち話をするフクロウに見えてきたり。

焼き締めはすべて薪窯で焼かれています。窯自体も実は訓寛さんの手作り。日中は久美子さん、夜は訓寛さんが窯を見守りながら、60時間という長い時間をかけて焼成するそうです。この1年は窯の調整を繰り返し、「窯との付き合い方もだいぶうまくなりました」(訓寛さん)と笑顔を見せてくれました。

7E066F5B-CF40-4D10-A799-CD1A571D6238_1_105_c.jpeg
線描きの焼き締めもまたよい雰囲気。湯のみとしても使いやすい大きさですが、実はビールを飲むのにもおすすめ。底がまるみを帯びているため、きめ細かくほどよい泡が立ち、ビールがさらにおいしくなります。

いつもの三島手もたくさん焼いていただきました。
A74DDE5B-1DBB-4C8D-A9B1-F4A0E99DDBC9_1_201_a.jpeg
花器は存在感たっぷり。右手の蓋ものは、小吸い物碗としても蓋碗としてもちょうどよい大きさ。

F33DD301-0D3F-4560-9940-7FA758D2C0ED_1_201_a.jpeg

F5836BE4-6E25-48C0-986A-3229512305A4_1_105_c.jpeg

BF19B16E-54F6-4A64-941D-7BAAACDEC422_1_201_a.jpeg

85C8AE60-B38D-4205-AD6A-DA6507FFF424_1_201_a.jpeg

そして、人気の急須。焼き締めも三島手もそろい踏み。
96083791-6C35-4CD2-92B8-A86885DD1755_1_105_c.jpeg

いずれもかなり数が少なくなってしまいましたが、まだ間に合います。十分な対策のもとでお客様をお迎えしておりますので、広めの店内でゆったりと土本ワールドをお楽しみいただけたらと思います。


0A1F30F1-AD59-4321-AA19-87D1DEB6B32E_1_105_c.jpeg
2021年4月10日(土)〜20日(火)
(最終日は18時閉店)



posted by marukaku at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする