2021年12月07日

小林徹也・平野日奈子 二人展

(すでに完売した作品もあります。在庫状況はお電話かメールでお問い合わせください)

今年最後の作品展は、満を持して小林徹也さんと平野日奈子さんの登場です。
では、さっそくおふたりの今回の作品をご紹介していきましょう。

小林徹也さん、今年はまたさらに釉薬の幅が広がり、どれもはっとするような美しさです。

IMG_7307.jpeg
ワイドリム皿。左は粉引、右は彩白陶。

IMG_7308.jpeg
こちらの彩白陶、近づいて見ると美しい貫入が。


IMG_7319.jpeg
使いやすそうなリム鉢。左は錆釉、右は焼き締めです。奥にちらっと見えているのは黒釉。

IMG_7326.jpeg
小林さんの釉薬の世界は広く深く、探求心はとても科学的。そこに自然がもたらす偶然も加わって、さらに深みのある風合いに。
こちらの浅鉢はすべて粉引ですが、それぞれの発色がどれも個性的で美しいのです。

さらに、ひっくり返してみると・・・

IMG_7328.jpeg
これまたうっとり!です。

IMG_7334.jpeg
焼締めの鉢も、ひとつひとつに「顔」があり。見ているだけでも飽きないのですが、使ってみるとさらにその魅力が倍増します。形がシンプルなので、どんなお料理にも使いやすいところも人気の秘密。

IMG_7333.jpeg
そば猪口や湯のみもたくさん焼いてくださいました。

IMG_7300.jpeg
少数精鋭の花器がまたよいのです。

小林さんの工房、来年は新しい窯も加わり、また異なる風合いの釉薬も試していきたいとのこと。これからの作品もますます楽しみです。


釉薬といえば、平野日奈子さんもまたとんでもない探求心の持ち主です。コバルト、オレンジ、黄色の釉薬を自在に操り、なんともいえない独特な表情を生み出します。

IMG_7346.jpeg
部屋を選ばない花器。存在感がありながら、ときにしっとり、ときに華やかな空間を生み出してくれます。

89E9BB2D-4211-4E2A-B8EE-EE9ABD7DA7D6_1_105_c.jpeg
定番にして鉄板のマグカップ。持ちやすく、コーヒーの香りが立つのに冷めづらい造形。

IMG_7347.jpeg
人気のオーバル皿。

IMG_7354.jpeg
ピッチャーや花器など、大きな作品もたくさん届きました。

IMG_7342.jpeg
思わず、かわいい!と声をあげてしまう小さな花器。少しずつ形が違います。

IMG_7350.jpeg
カクミニ鉢。小さいけれど機能的、たとえ残り物のお惣菜でもこんな器にちょこんとのせたら、ごちそうに見えるろと間違いなし。

IMG_7364.jpeg
初お目見えの輪花ボウル。

IMG_7363.jpeg
蓋物もまた素敵です。

【小林徹也×平野日奈子 二人展】
2021/12/4(土)~14(火) 
※最終日は18時閉店とさせていただきます。

小林×平野展DM_絵柄面.jpeg

2021年、計10回の作品展を開催することができ、スタッフ一同、お客さまをお迎えできるうれしさと喜びを味わっています。
せわしない師走のさなかですが、今年最後の作品展、よろしければお立ち寄りください。
posted by marukaku at 17:41| 東京 ☁| Comment(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする