2012年07月24日

アンティーク 籠

まるかくでは先週末から夏のSALEが始まりました。
初日OPEN早々ご来店頂いたみなさまありがとうございます!

本日もパタパタとお客様が来店される中、作業をしていると
まるかくの外から『ミーン、ミンミン』と声が聞こえて、今年初の蝉の声に衝撃!
『あぁ、日本の夏だなぁ!』という気持ちでいっぱいになってしまいました

今年も猛暑になること間違いないですね

そんな夏は家の中にちょっと籠を飾り涼しげな印象にしてにては如何でしょうか!?

DSC_0091.jpg
(現在、床の間に飾っている籠)
大きいサイズなので、野菜を入れたり、タオルケットを入れたりしてもお使い頂けるのですが
まるかくでは団扇を入れてディスプレイとして飾ってみました
古いものだけがもつ独特の風合いが飾ったものの存在感をグッと引き立ててくれます

DSC_0093.jpg
少し編みのほつれがありますが、これもまたアンティークならではの味

DSC_0101.jpg

DSC_0100.jpg
こちらは、うなぎ籠
『市場で仕入れたのですが、うなぎ籠としてしか使い道がないのにどうしようか!?』っと考えているとスタッフの山本さんが、
『こんな風に使うと素敵よ!』っと紐を取り付け、お花を一輪
あっという間にオシャレな花器に変身!!
私には全く想像もつかず
毎日勉強させていただいてます

DSC_0106.jpg

DSC_0110.jpg

DSC_0111.jpg

籠は昔から世界中にありますが、日本の籠は特に繊細で美しいものばかり
昔の人の手先の器用さに驚かされます

時代を経て艶やかな色に変化した籠には現代のものには決してない古びた味わいがあります

まるかくにはあちらこちらに宝物が転がっています(笑)

是非、掘り出し物を見付けにいらして下さい!
お待ちしております☆…





posted by marukaku at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨董 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック