2016年11月21日

ごはんを作りたくなるうつわ

工藤和彦さんの器をみていると、つい仕事を忘れて「今夜は何にしようかな」などと考えてしまいます。それも、体が芯から温まりそうな煮物とか、ほかほかの炊込みごはんとか、あつあつの湯豆腐とか・・。湯気が立っている様子まで思い浮かべてしまうのは、工藤さんが寒さ厳しい旭川で作陶されていることと関係あるのでしょうか。

例えばこの六角鉢。なんでもない煮物でもおいしそうに見せてくれそうな形と風合いだと思いませんか? 一緒に映っている緑釉の豆皿は、白化粧をしてから白樺釉をかけ、酸化焼成で焼いた一品です。黄粉引や白樺ホワイトとは温度も焼き方も異なるため、大量には作れないのだそう。テーブル上の差し色にもちょうどよい色合いです。

DSC_0009.jpg
緑粉引輪花豆皿 ¥2160
黄粉引六角小鉢 ¥3780

こちらは、五穀米や玄米、炊き込みごはんにも似合いそうな飯碗。反り具合や高台など、かなりの工夫がされていて、ぽってりとしているのに軽くてもちやすいのが特徴です。

IMG_3694.jpg
白樺ホワイト飯碗 ¥3240

このどんぶり鉢がまたいいのです。とにかく形と大きさが秀逸、大きめの高台がなんともチャーミング。ごはん作りたいスイッチを入れてくれること請け合いです。

IMG_0083.jpg
黄粉引どんぶり鉢 4860円

それから、DM掲載の土瓶も再度ご紹介しておきましょう。心までほかほかにしてくれそうな形と風合い。白と黄の二種類があります。

IMG_9315.jpg
白樺ホワイト土瓶、黄粉引土瓶 ともに¥21600

雨の日も雪の日も、おいしいごはんさえあれば幸せ。そんな方におすすめの品ばかりです。ぜひ一度手に取ってご覧下さい。
posted by marukaku at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック