2017年05月04日

お茶の時間が待ち遠しくなる器と道具

4月にスタートした「お茶の時間のうつわ展」、たくさんのお客様に楽しんでいただいています。
人気の作品をいくつかご紹介しましょう。

IMG_3325.jpg

カップ&ソーサーとして組み合わせたのは、工藤和彦さんの蕎麦猪口と五寸皿です。白樺釉が涼しげ、冷たいお茶やアイスコーヒーも似合いそうです。陶器に冷たい飲み物?と思うかもしれませんが、陶器に氷が当たる軽やかな音はまた格別。ぜひお試しください。
工藤和彦 蕎麦猪口 ¥2700 五寸皿 ¥3780


IMG_3328.jpg

こちらも工藤和彦さんの作品。高さ10cm、内径5cmほどの細長い盃ですが、冷茶を楽しむのにもよさそうです。形がなんともキュート。もちろん、冷酒や一口ビールにも。


IMG_3387.jpg

種田真紀さんからは、こんなかわいらしい赤絵細描花文の汲み出しが届いています。


IMG_3363.jpg

タナカマナブさんのマグカップはいつも大人気。今回、比較的多めに入荷しています。お早めにどうぞ。


IMG_3446 (2).jpg

器でもあり道具でもある片口。お茶の時間に楽しむなら、緑茶の湯冷ましや中国茶の茶海に見立てて。今回、たくさんのタイプの片口が入荷しています。


IMG_3379.jpg

道具といえばこちらも。コーヒー好きにはマストアイテム。ちょうど1人分のコーヒー豆が入るスプーンです。真鍮は田中俊介さん、木工は初入荷の石井宏治さんの作品です。
コーヒーメジャー(チェリー) 小 ¥2808 中 ¥3240


お茶の時間の器展は5月14日まで。連休中も水曜日を除く毎日営業しています。この機会にぜひお立ち寄りください。
posted by marukaku at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | うつわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック