2017年07月18日

高田志保さんの新作

15日よりスタートした、黒木泰等さん、高田志保さんの二人展。
今日は高田さんの新作を中心にご紹介しましょう。

ずんだ餅.jpg

高田さんの黒釉、釉薬の一部が窯の中で変化したものがあり、これがとても艶やかな表情。使う前に濡らすと、乾ききらない部分がまた風情あっていい感じです。

IMG_5022.jpg


IMG_5227.jpg

一回り小さい豆皿も使い勝手よし。薬味や塩をちょんとのせて。

IMG_5216.jpg

窯変が本当に美しい黒釉の飯碗。

IMG_5131.jpg


小皿や小鉢、ピッチャーなど、小さくてかわいいものもたくさん届いています。

IMG_5183.jpg


IMG_5137.jpg

中でも人気なのは、こちら。お庭の秋明菊とヤマボウシの葉をかたどったものだそう。

IMG_5033.jpg

定番の炭入り、汲み出しの形がなんともほっこり。

IMG_5153.jpg

急須は、珍しく黒木さんのもの(右)も届いています。こうして並べてみると、やはりご夫婦の作品。似ているようで異なる個性。見ているだけで気持ちが和んできます。


黒木泰等+高田志保 二人展
2017/7/15(土)〜8/13(日)
posted by marukaku at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック