2018年02月06日

心も温まる酒器

立春も過ぎたというのに、今年の東京の寒さ。堪えますね。こんな時季は家の中でぬくぬく鍋でも囲みたくなります。となれば、マストアイテムはやっぱり日本酒!というわけで、今日は酒器のご紹介です。

IMG_8272.jpg

滋賀で作陶されている田中敬史さん(樹月窯)の酒器。熱燗、冷酒、どちらにもよさそうです。出番のない日は花など生けておくのも一興。

IMG_8280.jpg

田中敬史さんの作品はすべて自ら裏山で採取した土を用いています。ひさごとっくりもまたかわいらしく、持ちやすいフォルム。


信楽 つる手注器2588 - kw10044.jpg

小割哲也さんの手付き注器。一見無骨、でも持ってみるとその手なじみのよさに驚かされます。ガラスや漆器と合わせるのもまたよし。

IMG_8316.jpg

同じく小割さんの作品。上質な風化長石を使用し、自作の穴窯で焼かれた灰志野の片口とぐいのみ。男前!です。

IMG_8287.jpg

越前の土本訓寛さんの片口&ぐいのみ。自作の窯で焼いた焼き締めは、現代のテーブルにすっとなじむスマートさ。その造形の美しさと独特の表情は、各所から高い評価を得ています。つい最近も、日本陶磁器協会の現代陶芸奨励賞を受賞したばかり(受賞作他5点は2/7より和光ホールで展示、ギャラリートークも予定されています)。

IMG_8305.jpg

土本訓寛さんが造形を、奥様の久美子さんが象嵌を担当する三島手。人気の作品です。ひとり飲みなら、このくらい存在感のある酒器がよさそう。

まだまだ冷え込みは続きそうです。だいぶ数は少なくなってきましたが、土鍋やれんげ、耐熱器のご用意もありますので、どうぞお早めにお越し下さい。


posted by marukaku at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | うつわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。