2017年11月10日

土ものの器と山野草

栗、柿、きのこ・・。実りの秋は食卓がにぎやかになりますね。
秋のもうひとつの楽しみは、通勤の道すがらや休日のお散歩で見つける身近な山野草です。器を鉢に見立てて寄せ植えにすると、お部屋もぐっと秋らしくなります。

IMGP3673S.JPG

紅葉したヒメツルソバを大谷桃子さんの蓋物に植えてみました。街中でよく見かける草花も、器との組み合わせ次第で華やかに。



IMGP3583S.JPG

大胡琴美さんのブロンズ釉の器に、キンミズヒキとヤクシマススキ、ノコンギクを合わせて。



IMGP3606s.JPG

小割哲也さんの織部の酒器にノコンギクを。秋の花籠のようです。


IMGP3695.JPG

夕日に輝く河原のエノコログサに魅せられて、アワコガネギクとササリンドウとともに寄せ植えにしました。黒木泰等さんの織部そり鉢が、山野草を上品にまとめてくれます。

なんということのない身近な植物を、お気に入りの器でひと工夫。自然を切り取ってきたかのような景色を生み出す楽しみ、そして、植物と器の組み合わせを迷うのも楽しみのひとつです。

まるかくには、山野草好きのスタッフがおります。よろしければお声をかけてください。

posted by marukaku at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | 花 × まるかく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

秋の草花と器

通勤の途中に目にした草花に秋を感じ、まるかくの店頭も秋じたくを始めました。
四季折々の器、草花を楽しむには絶好の季節ですね。
店頭の小さな秋をご紹介いたしましょう。

IMGP3178S.JPG

黒木泰等さんの穏やかな質感の粉引雲鉢に黄色のコスモスを生けてみました。


IMGP1918.JPG

骨董のオイルランプフォルダーに、ききょう、かりやす、たつなみ草の寄せ植えをのせて。



IMGP1951 8月の山野草 秋の田村草.JPG

夏から秋にかけて咲くのになぜか、秋の田村草と呼ばれています。横に広がった葉の美しさをお伝えしたかったので、骨董の糸巻きを花台にして上から撮影してみました。この葉の広がりが地味な小さな花を引き立てているようです。


IMGP3188S.JPG

荒賀文成さんの灰釉半月碗に曼珠沙華。ふだんお料理に使う器もときには花器に。

山や野に咲く花の中には毒を持つものもありますので、食器に生けるときには、内側に小さな花器を入れると安心です。

IMGP3067.JPG

この季節、土を感じる焼き締めの作品が目に留まります。
手前2点は田中敬史さん、うしろの瓢箪型の花器は土本訓寛さんの作品。




IMGP3109s.JPG



初めてこの花器を見たときに野ぶどうの色づいた実が目に浮かびました。野ぶどうの実とファイアンス釉が引き立て合っているようで印象的です。2点とも土本訓寛さん、久美子さんの作品です。


店頭にはさまざまな秋の器をご用意しております。
秋の草花を見つけながら、お散歩がてらぜひお立ち寄りください。
posted by marukaku at 14:06| 東京 ☀| Comment(0) | 花 × まるかく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする