2017年12月02日

荒賀文成&山田晶 二人展(12/2スタート)

荒賀文成さんと山田晶さんの二人展が始まります。
器まるかく、今年最後の展示会です。

荒賀文成+山田晶 二人展
2017/12/2(土)〜12/24(日)

DM絵柄_4のコピー.jpg

荒賀文成(あらが・ふみなり)
1972年 京都府生まれ
1993年 京都府立陶工高等技術専門校研究科卒業
1998年 北白川銀月アパートにて「荒楽窯」開窯
2008年 工房を滋賀県山中町に移転
2012年 京都府八幡に移転、現在に至る

山田晶(やまだ・あきら)
1959年 京都生まれ
1983年 京都府立陶工職業訓練校終了
1984年 京都市立工業試験場本科卒業
日本各地の美術館やギャラリーのほか、パリ、ニュージーランド、北京、ソウル、シンガポールなどの個展・グループ展に出展
posted by marukaku at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

土ものの器と山野草

栗、柿、きのこ・・。実りの秋は食卓がにぎやかになりますね。
秋のもうひとつの楽しみは、通勤の道すがらや休日のお散歩で見つける身近な山野草です。器を鉢に見立てて寄せ植えにすると、お部屋もぐっと秋らしくなります。

IMGP3673S.JPG

紅葉したヒメツルソバを大谷桃子さんの蓋物に植えてみました。街中でよく見かける草花も、器との組み合わせ次第で華やかに。



IMGP3583S.JPG

大胡琴美さんのブロンズ釉の器に、キンミズヒキとヤクシマススキ、ノコンギクを合わせて。



IMGP3606s.JPG

小割哲也さんの織部の酒器にノコンギクを。秋の花籠のようです。


IMGP3695.JPG

夕日に輝く河原のエノコログサに魅せられて、アワコガネギクとササリンドウとともに寄せ植えにしました。黒木泰等さんの織部そり鉢が、山野草を上品にまとめてくれます。

なんということのない身近な植物を、お気に入りの器でひと工夫。自然を切り取ってきたかのような景色を生み出す楽しみ、そして、植物と器の組み合わせを迷うのも楽しみのひとつです。

まるかくには、山野草好きのスタッフがおります。よろしければお声をかけてください。

posted by marukaku at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | 花 × まるかく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

大胡琴美さんの器

ご好評をいただいている「大谷桃子+大胡琴美 二人展」も最終週を迎えました。
今日は、松本で作陶されている大胡琴美さんの作品をご紹介しましょう。

IMGP3374.JPG

こちらは新作の片口と盃です。ヒスイのような緑、テーブルの差し色になりそうですね。秋の夜長、こんな酒器でくつろぎたいものです。


IMGP3356.JPG

手のひらにのるサイズの金環小皿。ブロンズ釉が溶けてできた紋様は小さいながらも存在感があります。ブロンズ釉とガラス釉の組み合わせがとてもクール。


IMGP3380.JPG

さり気ない風情の花生けに木の実をさしてみました。主張しすぎない形に安らぎを感じます。


IMGP3344.JPG

備前の土を用いた焼締めの片口と盃です。大胡さんはこの水墨画のような景色を求めて、あさりの殻、もみ殻、木炭など、さまざまな素材を窯に入れるという工夫をされています。


IMGP3132.JPG

筆で一枚ごとに塗られたブロンズ釉は手仕事の温かさに満ちています。和え物に、和菓子皿にと、用途の幅広さも人気の理由かもしれません。


料理が楽しくなる器。そんな作品が身近にあることに何ともいえない幸せを感じます。
皆さまもお気に入りをみつけにいらしてください。

大谷桃子・大胡琴美 二人展 
2017/10/7(土)〜10/29(日)
posted by marukaku at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

大谷桃子さんの器

大谷桃子さんと大胡琴美さんの二人展、中盤に入りました。

バナナの葉や蓮の花など、南国の植物をモチーフにした作品が得意な大谷さんと、金属やガラスを思わせるクールな質感が特徴の大胡さん。おふたりに共通するのは、個性的でありながら、日常使いにぴったりな器を作り出すところでしょうか。

さて、今日は大谷さんの作品をご紹介しましょう。

IMG_6555.jpg

IMG_6569.jpg

大谷さんの甘すぎない絵付けは、男性にも人気があります。「これで焼酎を飲むのが気に入ってたんだんだけど欠けちゃって」と、フリーカップ二代目を購入される会社員の方。「自分も気に入っているから友人にも」と、角皿を買い求める若い男性。大谷さんの器を購入されるお客様は、なんだかみなさん楽しそうです。

IMG_6559.jpg

IMG_6255.jpg

こちらはスタッフ所有の黒ハスの花八寸皿。なにかと出番の多い器です。大胆な絵付けの皿は、お料理を合わせるのが難しそうに思えますが、実際に盛ってみると、蓮やバナナリーフがちょうどよいアクセントになることが分かります。形がシンプルで使い勝手がよいのも大きな特徴。「器作りの発想が浮かぶのは、台所に立っているとき」とおっしゃる大谷さんならではの大きさ、重さ、形なのです。

IMG_6527.jpg

IMG_6530.jpg

今回、大きいサイズの器も焼いてくださいました。白一色の掻き落とし、個展以外ではなかなかお目にかかれない作品です。

IMG_6567.jpg

このベージュシリーズも人気の作品。ざらりとしたマットな風合いがお料理を引き立たせてくれます。

IMG_0153.jpg


二人展は10月29日まで。この機会にぜひお寄りください。

大谷桃子+大胡琴美 二人展
2017/10/7(土)〜10/29(日)
posted by marukaku at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

大谷桃子 大胡琴美 二人展(10/7〜)

10月の個展のお知らせです。

大谷桃子+大胡琴美 二人展
2017/10/7(土)〜10/29(日)
<作家在廊予定日>
大谷桃子 10/7 
大胡琴美 10/7 10/8

otani_daigo_DM201710.jpg

大谷桃子(おおたに・ももこ)
京都生まれ
1990年  オレゴン州立大学(アメリカ)入学
1995年  在学中、インドネシアに留学
1997年  信楽窯業技術試験場 釉薬科卒業
1998年  同場 ろくろ科卒業
1999年〜 各地のグループ展などに出展
2008年  信楽町田代に大谷製陶所を大谷哲也氏とともに設立、現在に至る

大胡琴美(だいご・ことみ)
1976年  千葉県生まれ
2000年  多摩美術大学美術学部 グラフィックデザイン専攻卒業
2004年  愛知県立窯業高等技術専門校修了
現在、松本にて制作
posted by marukaku at 13:55| 東京 ☔| Comment(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする