2016年09月07日

土本さんの三島手

土本さんの三島手はじつにキュートです。李朝の器をお手本にしながらも、型通りではない華やぎと、手で包み込んでしまいたくなるような愛らしさがあります。造形は訓寛さんが、細かな象嵌などの作業を久美子さんが担当されています。

いつも入荷してすぐに売り切れてしまうしょうゆ差しも、今回特別にかわいらしいものが数点。何度も注いでしまいたくなるようなキレのよさも魅力です。

IMG_8583.jpg
【三島手 醤油差し】高さ約7cm 皿φ9cm ¥6264

三島手とは、ベースとなる土を轆轤で挽いたあとに、線彫りや印判で土をへこませ、白い土を埋め込む技法のこと。主に、象嵌と掻き落としという手法があります。

こちらのこつぼ(振り出し)は、左が掻き落とし、右が象嵌です。掻き落としは化粧土をヘラなどで掻いて落とし、模様をつける方法。象嵌は、串で土を彫ったところに白土を埋め、はみ出した部分などを削り落とします。どちらもたいへんに根気のいる仕事と思われますが、久美子さんはこの作業をこよなく愛していて、まったく苦にならないとおっしゃいます。

IMG_8548.jpg
【三島手 振り出し】高さ8~8,5cm 最大径5.5~6cm ¥7560

土本さんがお住まいの福井県は、米どころとしても知られています。お米がおいしいところには、必ず銘酒があります。そのお酒をもっとおいしくするのが、酒器です。

IMG_8606.jpg
【酒注ぎ(大)】高さ9~10cm 最大幅約13cm ¥10800

今回の新作、なんともほんわかとした雰囲気でとても素敵。手前が掻き落とし、後ろが象嵌です。同じ形の少し小さなサイズ(¥8100)もあります。

IMG_8551.jpg
【たて片口(小)】 高さ7cm 口径6,5~9cm ¥3780

こちらは小ぶりの片口。右側は赤みがかった仕上がりになっていますが、左のものと土は同じ。釜の中の温度の影響で、このような色の違いが生まれるのだそうです。

これらの三島手作品は、すべて薪窯で焼かれています。ご自身で手作りし、何度も作り直したというこだわりの窯は、高温の部分には艶が、低温だとマットな質感に仕上がります。三島手の本焼は20時間。酷暑の中での作業、こちらも苦労が偲ばれますが、「この薪窯あっての作品」とおっしゃるほど、生みの苦労を厭わないご様子。

土本訓寛さん、久美子さんの作品がこれだけの点数揃うのは、おそらく都内では初めて。ぜひ店頭で手に取ってご覧いただけたらと思います。
posted by marukaku at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

土本訓寛・久美子 二人展(9月)

個展のお知らせです。

土本訓寛・久美子 二人展
2016/9/3(土)〜10/2(日)
※作家在廊予定日 9月3日(土)

IMG_7354.jpg

福井の越前で作陶されている、土本訓寛さんと久美子さん。造形は訓寛さん、象嵌などの加工を久美子さんが手がけるという三島手の作品は、まるかくでもたいへんな人気です。

IMG_7660.jpg

こちらは、以前スタッフが個人買いした片口。ほっこりとした雰囲気が何よりもの魅力ですが、注ぎ口の切れ味の良さも土本さん作品の身上。日本酒を一滴たりとも無駄にしません!そしてこんなふうに小鉢としても使える、かわいくて働き者の器です。

今回は、この三島手と焼き締めの新作、そして、イランやアフリカの土器が大好きという久美子さんが生み出す、ユニークな形と文様の手びねり作品が並ぶ予定です。どうぞお楽しみに!

土本訓寛(どもと・みちひろ)
1979年、福井県高浜町生まれ。木工芸を家業にする家で育つ。岡山県吉備高原学園高等学校陶芸コースで2年間備前焼を学ぶ。1998年、福井県工業技術センター窯業指導所でロクロ研修を修了。その後、越前焼き作家のもとで、窯焚きや土作り、窯作り、まき割りなどの仕事を手伝いながら、2001年、越前町に築窯。以後、越前の土を使った焼き締めや、李朝を手本にした釉薬ものなどを薪窯で焼き続けている。

土本久美子(どもと・くみこ)
1976年、広島県生まれ。幼少より絵を描くことを好む。宝塚造形大学でグラフィックデザインを学んだ後、焼き物作りに惹かれ、越前焼の産地である福井へ。2000年、福井県工業技術センター窯業指導所修了。2004年、土本訓寛との結婚を機に、薪窯での焼き物作りを始める。イランやアフリカの土器の形の美しさ、文様のおおらかさに惹かれるなど、「昔」のものに影響を受けながら「今」の器を手びねりし、薪窯で焼いている。

posted by marukaku at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

染付のなます皿

なます皿セールをまだまだ開催しております。

今回は、こちらの染付のなます皿をご案内します。

2016-08-15-13-17-07.jpg

見込みの牡丹とひらひら舞う蝶が美しいなます皿。

富貴を意味する牡丹の花が艶やかなうつわです。

IMG_20160815_124428.jpg

紅白なますを盛ってみると、ニンジンの黄色と、大根の白さが引き立ちます。
深さがあるので、なますや煮物のように汁気があるものにはうってつけ。

適度な大きさがあるので、うつわを盛る際に美しさに重要な「余白」が取りやすく、
使いやすいうつわといえます。

IMG_20160815_124245.jpg

なます皿は、和食器にしか合わないと思われるかもしれませんが、
実は洋食器と合わせても素敵です。

染付だと、写真のように青を基調とした洋風なうつわとも合います。
例えば、写真のように青のリム皿になます皿を合わせる場合、
スープなどを出してもいいですね。

IMG_20160815_124231.jpg

和風のお料理だけでなく、なます皿にはシュークリームやケーキなどの
洋風スイーツを盛っても意外に映えます!

なます皿セールでは、骨董品のなます皿を全て3割引き。
ぜひこの機会に、なます皿に色々なお料理やうつわを合わせて
楽しんでみてください。

(f)
posted by marukaku at 13:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨董 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

夏やさいのお手軽レシピ

002.jpg



昨日は朝から畑に行ってお昼にはぐったり


こんなに暑いとお料理するのも億劫


本日は、とってもお手軽
夏やさいの簡単レシピをご紹介


009.jpg

ちょっとの油に

011.jpg

切った野菜をからめ

012.jpg

電子レンジで2分

015.jpg


麺つゆをかけて
完成!

今日のランチは採れたて夏やさい

なます皿を使った
とっても簡単な揚げ出しと
洋皿を使った
トマトのスパゲティでした


014.jpg

和皿と洋皿
違和感なく、すっと馴染んでくれてます

パスタと揚げ出し
10分で完成!

(k)
posted by marukaku at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨董 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

なます皿セール、本日スタート

久しぶりの骨董セールです。本日より店内のほぼすべてのなます皿が30%OFFとなります。

なます皿は適度な深さもあり、直径も15cm前後ととても使い勝手のよい大きさ。煮物や和え物、スープにサラダ、なんでも受け止めてくれる懐の深い器です。

IMG_6711.jpg

こちらは、渋谷の桜ケ丘にある「高太郎」さんに選んでいただいたなます皿。水ナスとシャコの酢みそ和えは、暑さも疲れもどこかに飛んでいくおいしさ。そして、さすがプロ!な盛りつけです。

IMG_6703.jpg

もう少し家庭的なお料理も、ということで盛っていただいたのがこちら。浸し豆とお野菜の組み合わせ。とても涼しげです。シンプルな素材重視のお料理ほど、器によって見え方が違ってきます。お味はとてもまねできませんが、盛りつけだけならがんばれそうです。

今、店内はたくさんの種類のなます皿をご用意していますが、売り切れ次第セール終了となりますので、どうぞお早めにお越しください。

IMG_7057.jpg


IMG_7055.jpg
posted by marukaku at 11:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨董 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする